放浪記

'18 桜紀行 -川越編ー

…今年の桜は、異常に早かった。 開花予想が早まって、その分、満開が一週間早まった。 今年は新規の場所を開拓しようと思っていたが、開花から満開までに間が無かったので、断念せざるを得なかった。 …3月23日、川越の喜多院へ向かう。 目的は、境内のしだれ…

'18 日光・高崎放浪記 (8・終)

…『山田かまち美術館』を出て、来た道を戻る。 和田橋を渡って、高崎城址公園へ。 1598年、徳川四天王の一人、井伊直政によって築城された。 城の西側を通る中山道と三国街道の分岐地にあたり、交通の要衝だったため、江戸期を通じて譜代が城主を務めた。 明…

'18 日光・高崎放浪記 (7)

…以下は、私見。 山田かまち(1960~1977)の作品を見ていると、彼がいつも『本質』を見極めようと苦悩・苦心していた事を、強く感じる。 絵画に見る、鋭い観察眼。 詩文に感じる、強い言葉。 彼が夢中になった、音楽。 どれについても深く理解しようという…

'18 日光・高崎放浪記 (6)

…高崎駅から山田かまち美術館へは、西口からほぼ直進して徒歩30分。 市内の巡回バスがあるが、高崎観音を経由するルートで1時間に1本程度。 今回は中心部を循環するバスに乗り、烏川に一番近いバス停で下車。 ここから、徒歩で烏川を渡って美術館に向か…

'18 日光・高崎放浪記 (5)

…2月6日、放浪二日目。 にわか雪が降った、翌日の朝。 日光連山を望む。 前日に買って置いたおにぎりを食べ、午前9時前に宿をチェック・アウト。 徒歩で、JR宇都宮駅へ向かう。 駅のお店で、冷凍の宇都宮餃子の宅配と、小さい日光湯葉を購入。 今日は、…

'18 日光・高崎放浪記 (4)

…18時に起きて、夕飯を食べに行く。 いつものドン・キホーテの地下で、宇都宮餃子。 日光の湯葉と共に、外す事は出来ない。 今回は、みんみんの焼き餃子。 薄皮で小振りなので、二人前で丁度いい。 しっかり食べて、一階で地酒とつまみを買って、宿へ戻る。 …

'18 日光・高崎放浪記 (3)

…中禅寺湖を出て50分後、東武日光駅に到着。 これから宇都宮の宿に向かうのだが、その前に、昼食をどうするか。 このままJR日光線で宇都宮に出て駅前で食べるか、ここで湯葉そばを食べて東武で宇都宮に向かうか。 日光線には、昨年乗っていない。 宇都宮線…

’18 日光・高崎放浪記 (2)

…県道から路線バスに乗り、いろは坂を登って50分。 中禅寺湖畔の『二荒山神社中宮祠』に到着。 中禅寺湖。 歩道が、雪に埋もれている。 輪王寺付近の状況から見ても、おそらく雪は少ない方ではないだろうか。 北風が強く吹いて、身が切れるほどの寒さ。 午前…

’18 日光・高崎放浪記 (1)

2月5日、毎年恒例の日光へ向かう。 午前6時、朝焼けの浅草。 隅田川を渡る風が、冷たい。 今回は、浅草から東武の新型特急に乗る。 特急リヴァティけごん1号。 下今市で、鬼怒川方面と東武日光方面に分割する。 この特急の導入で、それまでの快速が全廃にな…

'17 紅葉紀行 横浜・横須賀編

12月17日、横浜市金沢区の称名寺へ。 毎年最後の放浪は、ここに行くと決めている。 午後12時、京急金沢文庫駅に到着。 乗って来た、『青い京急』。 金沢文庫駅に着いた時点で、架線支障が発生してダイヤ乱れが生じた。 称名寺に行っている間に、平常に戻れば…

'17 紅葉紀行 森林公園編 (3・終)

…展望広場から、メイン道路へ。 脇道に入って、南口に向かう。 この先に、吊り橋がある。 森林公園内に点在する沼の一つ、あざみくぼ沼を渡る。 吊り橋上から…。 あまり揺れなくて、少し拍子抜け。 午後1時半、運動広場に出る。 森林公園全体図。 地図上の…

'17 紅葉紀行 森林公園編 (2)

…森林公園は、東京ドーム65個分の広さが有り、南北に長い。 園内全てを回るならサイクリングだが、狭い範囲なら徒歩でもいい。 今回の狙いは紅葉。 特にカエデが集まっているカエデ園は、南口から約3キロ先。 丘陵の坂道を登って行く事になる。 この後の…

’17紅葉紀行 森林公園編 (1) 

12月5日、森林公園へ紅葉狩りに行く。 午前8時に出発、武蔵野線と東武東上線を乗り継いで森林公園へ。 この日は川越に寄る予定もあるので、時間との戦い。 午前10時40分、森林公園駅到着。 川越から先に行く事はあまり無いので、久々に来た。 駅前。 こ…

'17桜紀行 -浅草編(2)-

…待乳山聖天の向かいの通りに出る。 今戸橋跡。 このあたりにあった、『山谷堀』に掛かっていた橋。 山谷堀は、隅田川から吉原方面に向かっていた堀。 付近の桜。 今戸橋を渡ると、台東区立スポーツセンターがある。 駐車場の桜並木。 スポーツセンターから…

'17桜紀行 -浅草編(1)-

4月10日、浅草の隅田公園へ。 今年初めての、『ソメイヨシノ』を観に行く。 今年二度目の浅草。 毎年の、日光巡拝の出発地。 吾妻橋から見る、隅田川。 水上バスの桟橋からも、満開の桜が覗いている。 相変わらずの、観光客の多さ。 隅田公園の中へ。 浅草…

’17桜紀行 -川越編(2)-

…東武バスで、伊佐沼入口で下車。 三月の田んぼは、まだ水さえ張られていない。 用水路も、まだ休んでいる。 菜の花の黄色い花を見ると、春が来た事を実感する。 田んぼの中を、伊佐沼に向かって歩く。 薬師神社の桜も、開花前。 そして、伊佐沼の桜並木が見…

’17桜紀行 ー川越編(1)-

3月30日、川越・喜多院へ向かう。 池袋から東武東上線に乗る。 午前11時半頃、川越に到着。 今回の目的地は、喜多院。 但し、この時期はソメイヨシノの満開には早い。 ソメイヨシノよりも半月ほど早く見頃になる、しだれ桜を見るのが目的。 駅から、いつもの…

熱海梅紀行 (2)

…前回の続き。 熱海駅前から路線バスに乗り、MOA美術館へ向かう。 山道を一気に登って、美術館に到着。 ここに、もうひとつの『梅』がある。 一年半の改装工事が終わって、展示を再開したらしい。 初めて来たが、目の前のロケーションを見た瞬間にお気に入り…

熱海梅紀行 (1)

3月12日、何年か振りの熱海へ『梅』を観に行く。 行楽シーズンが始まった、日曜日。 新幹線も特急踊り子も満席に近かったので、普通列車で行く。 東京10時02分発、熱海着11時57分。 約二時間の行程だが、所要時間で見ると日光よりも近い。 駅構内…

’17桜紀行 ー木場公園脇・大横川編ー

3月4日、江東区の木場公園脇を流れる、大横川沿い。 都内に幾つかある、河津桜を観に行く。 一般的に3月になると、河津桜はもう終盤。 ここでは早咲きから遅咲きまで、長く楽しめるように植えられている。 写真奥が、木場公園脇の遅咲きエリア。 エリアに…

’16 川越放浪記 (1)

10月16日、池袋から東武東上線で川越に向かう。 今回は、何年振りかで川越に一泊。 川越祭りを最後まで見届けるのが目的。 13時30分に東上線に乗り、14時過ぎに川越駅に到着。 さすがに祭り当日、人出が多い。 この日の川越のメインストリートのクレアモール…

浅草三社祭 '16

5月15日、浅草三社祭最終日。 例年より一週間早い開催で、祭り日和のいい天気になった。 昼過ぎに、都営浅草線浅草駅に到着。 雷門出口は混雑するので、駒形橋出口から地上へ。 駒形堂。 ここから吾妻橋側の隅田川へ行き、あらかじめコンビニで買っておい…

根津・千駄木・谷中…そして浅草

5月3日は、池波正太郎氏の26年目の命日。毎年、池波氏に所縁のある場所を訪ね歩いている。3月に行った池上、目黒不動尊界隈、佃島等々…。今年選んだのは、一度歩いてみたかった『谷根千』といわれる地域。このあたりも、池波小説に度々登場する。午後1…

秩父・羊山芝桜紀行…。

4月30日、秩父の羊山公園に芝桜を観に行く。以前から気になっていたのだが、なかなか行く機会が無かった。自宅を午前11時前に出発。池袋から西武池袋線に乗り換えて飯能へ。ここで秩父線に乗り換える。 西武で秩父入りするのは、何年ぶりだろう。各停で…

桜紀行 '16 浅草編 (終)

…横浜から向かった最終目的地に到着。そこは…。 二月の日光放浪、三月の池上放浪の終着地になった浅草。そして桜紀行の終着地にもなった。来月の三社祭にも来るので、四ヶ月連続で通う事が確定している。時間はすでに午後三時。滞在時間が残り少ないので、早…

桜紀行 '16 横浜編 (3・終)

…金沢八景を出て、向かった先は日の出町。金沢文庫に向かっている時、車窓から大岡川の桜並木を見て寄ろうかどうか考えていた。去年も観たし、今年はいいかなと思っていたからだ。しかし、称名寺の桜を観た時に『やはり寄らないといけないな』という気になっ…

桜紀行 '16 横浜編 (2)

…称名寺を出て、門前の坂道を南に向かう。坂を降りた先にある八幡神社。 更に歩くと、平潟湾に出る。 かつて平潟湾は八幡神社から金沢文庫駅前付近、つまり称名寺のある高台の麓付近にまで広がっていた。八幡神社の先に今も残る『洲崎町』は、その名残。鎌倉…

桜紀行 '16 横浜編 (1)

4月6日、横浜の桜を観に行く。日本橋から都営浅草線で京急に入り、金沢文庫へ。ここに、川越と同様に毎年観に来たくなる桜の名所がある。11時55分、金沢文庫駅に到着。駅前のすずらん通り。 生まれた時この近くに住んでいたので、四十数年なじみの商店…

桜紀行 '16 川越編(3・終)

…氷川神社前の『宮下町』停留所でバスを待つが、花見が出来る最後の週末という事もあり、周辺の道路は渋滞。バスも15分程度遅れているようなので、近くの新河岸川沿いの桜を見る。 川越運動公園行きのバスに乗って向かったのは、川越の田んぼ。 埼玉に住ん…

桜紀行 '16 川越編 (2)

…喜多院前にも立っている天海僧正に挨拶して…。 喜多院を後にする。喜多院の隣に、成田山川越別院がある。 僕がよく行く深川不動と同じく、成田山新勝寺の別院。喜多院に来た時には、必ず立ち寄っている。境内の片隅にある桜。 ほろ酔いで歩き始めて、次の目…