読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休場...。

...になってしまった、稀勢の里。 怪我の影響とはいえ、途中でいなくなる事は残念。 鶴竜も早々と休場で、残っているのは勝ちっ放しの日馬富士と白鵬だけ。 来場所は、四横綱が揃って千秋楽まで出場する事を願う...。

夏日...。

...は、取り敢えず今日まで。 明日は曇って、一段落するらしい。 今週末は、松戸でコンサートを観戦予定。 最近、観戦後の疲れがなかなか取れない...。

能村...。

...庸一氏が、逝去された。 吉右衛門版『鬼平』や、『剣客商売』など、フジ・松竹制作の上質な時代劇を世に送り出した名プロデューサー。 元はフジのアナウンサーだったので、鬼平の後半から『能村太郎』の名前でナレーションも担当していた。 時代劇にとっ…

浅草...。

...は、祭りの最終日にして、真夏日。 この日差しでビールを飲んだら倒れるので、まだ飲んでいない。 公園の木陰で一息ついて、夕方になったらまた歩こう。 池波氏への挨拶も忘れずに...。

熱中...。

...症になりそうな、厳しい日差し。 三社祭の二日目だが、今日は町御輿の渡御。 担ぎ手も観客も、この暑さの中で盛り上がっているだろう。 明日も今日と同じように暑くなるようなので、倒れないようにしなきゃ...。

夏日...。

...になった今日は、三社祭の初日。 日曜日までの三日間、浅草が一番熱くなる時期。 今年も観戦するので、体力と肝臓を温存して置かなくては。 一年経つのが、本当に早い...。

熱海梅紀行 (2)

…前回の続き。 熱海駅前から路線バスに乗り、MOA美術館へ向かう。 山道を一気に登って、美術館に到着。 ここに、もうひとつの『梅』がある。 一年半の改装工事が終わって、展示を再開したらしい。 初めて来たが、目の前のロケーションを見た瞬間にお気に入り…

浅草...。

...のスカイツリーが、霞んで見える。 肌寒さが、身にしみる。 週末は、初夏の暑さが戻るかもしれない。 風邪を引かないようにしないと...。

鎌倉...。

...辺りの紫陽花は、そろそろだろうか。 晴れが続くようなら、鎌倉から三浦半島方面に行ってみようか。 鎌倉は三浦半島の付け根でもあり、湘南の東端でもある。 どちらに向かうかは、気分次第...。

北東...。

...の風が入ると、関東は曇る。 今日も、すっきりとしない。 三社祭は梅雨の走りの時期にあるので、雨になる傾向がある。 週間予報を見ると、今年は何とか持ちそうだ...。

梅雨...。

...の走りのような、どんよりとした空。 夜には、ひと雨ありそうだ。 暑くなったり、寒くなったり。 夏になる前に、『雨の季節』を過ごす必要がある...。

沖縄...。

...奄美地方が、梅雨入り。 三社祭まで、あと一週間。 先日植えた、朝顔が発芽。 長雨の時期が、近くなってきた...。

急激...。

...な気温の上昇。 昨夜も雷注意報が出た。 今夜も小雨くらいは降るのだろうか。 明日は、一日雨か...。

中野...。

...駅で昨夜撮った、特急あずさの回送。 中央線を使う事が多いから何度も見ているが、山梨方面はご無沙汰している。 今日のような初夏の青空を見ると、また行きたくなる。 行くとしたら、二泊以上したい...。

昨夜...。

...遅くから、雨が降りだした。 今日も、雲が重く垂れ込めている。 明日は、一気に夏になる。 この温度差が、不安定さを煽る...。

連休...。

...が終わったら、天気は下り坂。 晴れが長く続いたので、そろそろ降って貰わないと。 各地で起きた山火事も、雨が降らなかった事が要因の一つ。 これも、温暖化の影響か...。

土産...。

...で買ってきた、深大寺蕎麦を作ってみた。 固茹でにして、七味を少々。 蕎麦の食感が出て、かけにした方が良いようだ。 もう一度深大寺に行って、今度は現地で食べたい...。

黄砂...。

...のせいか、空が霞んで見える。 それでいて、今日は夏日。 旅の疲れも取れぬまま、昼夜逆転生活。 書けそうで書けない、もどかしい日々...。

連休...。

...終盤。 昨日まで晴天だったが、今日は午後から不安定。 俄か雨が、あるのかないのか。 安定したら、海でも見に行こうかな...。

立夏...。

...らしい、眩しいくらいの日差し。 暦の上では、今日から夏。 今年の三社祭まで、あと二週間。 もう、一年経つのか...。

朝顔...。

...の種を蒔いた。 昨年の入谷で買った、朝顔から取った種。 日差しも植物も、少しずつ夏に近付いて行く。 今から、咲くのが楽しみだ...。

京王...。

...線のつつじヶ丘駅からバスに乗って、神代植物公園に来た。 目的はツツジだが、見頃はもう少し先かもしれない。 この後は深大寺に寄って、再びバスに乗って野川公園方面に向かう。 深大寺そばを食べたいが、どこも満席だな...。

五月...。

...晴れの、連休中。 風はあるが、昨日とは違って安定している。 明日は、池波氏の命日。 浅草は勿論だが、日中はどこを歩こうか...。

皐月...。

...になって、初日は俄か雨。 そろそろ、田植えが始まる頃。 埼玉の田んぼは、いい感じだろうな。 そう書いている間に、遠くで雷が鳴り出した...。

熱海梅紀行 (1)

3月12日、何年か振りの熱海へ『梅』を観に行く。 行楽シーズンが始まった、日曜日。 新幹線も特急踊り子も満席に近かったので、普通列車で行く。 東京10時02分発、熱海着11時57分。 約二時間の行程だが、所要時間で見ると日光よりも近い。 駅構内…

雷雲...。

...が、すでに発達し始めている。 今はまだ狭い範囲だが、本番は夕方から夜に掛けてだろう。 晴れているわりに、冷たい風が吹く。 疲れた体に、この陽気は堪える...。

青空...。

...に、ぽっかり入道雲。 これだけ見たら、すっかり夏。 でもまだ、四月末。 明日は、夕方から雷雨らしい...。

昨夜...。

...の渋谷オーチャードホールは、熱かった。 クールダウンしたいのもあって、バスで初台へ。 夜の初台公園で『キリン淡麗』を飲みながら、昔と変わらない一角でしみじみと。 次の来日は、いつになるだろう...。

二月…。

…三日の先行発売当日に、今日のチケットを取った。 二年振り三回目の来日、場所は前回と同じオーチャードホール。 鬼平が終了して四ヶ月、この曲を聴きに来るファンもいるだろう。 今夜は、ラテンの熱い夜になる…。 ジプシーキングス - インスピレーション

狭山...。

...茶の、新茶の初摘みが始まったようだ。 そろそろ川越に、買い出しに行かねば。 来月は池波氏の命日と、三社祭がある。 没後二十七年、今夜は鬼平を観るか...。

羽田...。

...空港に、ポール・マッカートニーが到着。 七十五才で、武道館公演に臨む。 テレビでは、ポールのライブを特集放送していたりする。 僕は行かないけど、今回は無事に終わるように...。

午前...。

...中から吹いてる風が冷たいので、出掛けなかった。 代わりに、生姜焼きを三人前作った。 今週末は、連休が始まる。 人が多いだろうから、観光地じゃない場所に行こう...。

京都...。

...で昨年観た『坂本龍馬展』が、上野に来ている。 また行くか決めていないが、京都には今年も行きたい。 大政奉還と、龍馬暗殺から百五十年。 日本の近代化が始まって、それくらいしか経っていないのか...。

小雨...。

...が、時々落ちてくる。 明日は、急変するようだ。 四月後半に入って、行楽シーズンが到来間近。 普段、あまり行かない所へ行こうか...。

安定...。

...した晴天。 昼間の散歩には丁度いい。 生け垣のツツジが咲き始めた。 どこかにツツジを観に行きたいな...。

四日...。

...連続の夏日らしい。 まだ今は四月。 もう少し春の陽気を味わいたい。 時間があったら、春の江ノ電なんていいな...。

台風...。

...並みの荒天の後は、初夏を通り越して真夏。 強風が残り、スカイツリーが霞んで見える。 しばらくは旅に出ない、谷間の時期。 連休は、どこに行こうか...。

’17桜紀行 ー木場公園脇・大横川編ー

3月4日、江東区の木場公園脇を流れる、大横川沿い。 都内に幾つかある、河津桜を観に行く。 一般的に3月になると、河津桜はもう終盤。 ここでは早咲きから遅咲きまで、長く楽しめるように植えられている。 写真奥が、木場公園脇の遅咲きエリア。 エリアに…

初夏...。

...の後楽園。 オヤジたちは、皐月賞で歓声を挙げるためにウインズ後楽園へ。 若い女の子たちは、某アイドルたちに歓声を挙げるために東京ドームへ。 少々暑い、東京の昼下がり...。

南風...。

...が吹き荒れ、一気に葉桜が目立ち始めた。 まさに、春の嵐。 この時期は、雹が降る事が多い。 もうすでに、埼玉は大荒れらしい...。

今年...。

...の桜紀行は昨日で終了。 これから記事にする準備を始める。 春のイベントの最後は、日曜日の皐月賞。 中山競馬場の桜は、まだ残っているだろうか...。

横浜...。

...称名寺の桜は、絶好のタイミング。 毎年川越、浅草、横浜と回っているが、ここと日ノ出町の大岡川沿いの桜は見逃したくない。 横浜生まれとしては、誇れる桜並木。 桜吹雪の中で、しばし休憩...。

大雨...。

...から晴天へ。 冬の気温から春の気温へ。 変動が大きすぎて、体が追い付かない。 明日になったら、穏やかに落ち着いて欲しい...。

東京...。

...の満開の桜は、この雨が『花散らし』になってしまうのか。 昨日の浅草を見た限りでは、墨田区側はまだ持ちそうな気がする。 今年もラストは、横浜で締める事になりそうだ。 今週末、里帰り出来れば...。

浅草...。

....の桜は、少し散り始めているが見頃。 墨田区側の桜を観ながら、昼酒を呑んでいる。 天気が下り坂なので『花曇り』だが、隅田川とスカイツリーを眺めながら呑む酒が、何とも美味い。 来月の三社祭の頃は、晴れてくれるだろうか...。

土曜...。

...ワイド劇場が、昨晩終了した。 40年続いた、二時間ドラマの老舗だった。 ここから単発連続ドラマになったシリーズもあり、『相棒』はその代表作。 単発が主流になっても、まだ二時間枠は需要があると思うのだが...。

雨天...。

...中止にせざるを得ない、浅草行き。 雨に濡れた桜もいいのだが、青空の下を隅田川を眺めながら歩きたい。 このまま行けなければ、横浜に掛けるしかない。 毎日空を見ながら、タイミングを計っている...。

来週...。

...の前半まで、梅雨のような天気が続くようだ。 桜は見頃になったばかりなので、すぐに散ることは無いと思う。 少しの晴れ間に、観に行くしかないのかもしれない。 春の嵐にならない事を祈る...。

新橋...。

...で、ユニットの作戦会議を兼ねた飲み会がある。 昨年は開催出来なかったので、二年ぶり。 昨夜も観戦の余韻に浸りながら、十津川警部の講義。 今夜の講義は、休ませてもらおう...。

浅草...。

...の桜は、八分まで来た。 上野に行く用事もあるので、週末に行ってみようか。 ただ、週末は天気が崩れる可能性があること。 桜紀行は、タイミングが勝負...。